テレビで質屋とのやり取りを学ぶ

質屋に物(質草)を預け、お金を借り、期限内に借りた元本と利子を払って質草を返してもらう。

というのが本来のあり方でした。

ただ、現在では、貸付よりも価値のある有名ブランド品や宝飾品、貴金属類を買い取り、それを販売するといった商売に変わりつつあります。

よくブラント品を売りたいお客と店員のやりとりをテレビで見た人もいるのではないでしょうか。

買い取りとはまさにあれのことです。

お客はいらなくなった物を買い取ってもらうのが目的で、質屋はその市場価値を見極めて値段交渉していきます。

この買い取り価格ですが、それほどお店によって大きな違いがでることはありませんが、気になる方は何軒かハシゴして一番買い取り価格が高かったところを利用するのもいいでしょう。

当然ですが、買い取った商品は質屋の利益分を上乗せしてお店に展示して販売するわけです。

そんな時代と共に変化してきた質屋だけに、女性が入店するのにもほとんど抵抗がなくなってきていますので、使わない物があるのでしたら一度査定してもらうのもいいかもしれません。

品物を高く買い取ってもらうポイントは、中古よりも新品、それに箱や取扱説明書、保証書などがあればベターです。

This entry was posted in 質屋の利用方法. Bookmark the permalink.

Comments are closed.